読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wotaku Night Out.

たのしいヲタク会。

地団駄ダンスの評価でネットユーザーとしての価値が分かる。

Juice=Juiceの地団駄ダンス。

youtu.be

評価の仕方がわからない。

良曲と言うべきか、クソ曲と言うべきか。

 

クソ曲だといえば、「こんなにでかい釣り針に引っかかって恥ずかしw」と、他のヲタクに嘲笑されるのは必至だ。

ここでいう他ヲタとは、「はなをぷーん」や「おへその国からこんにちは」のような、つんく♂の全力の悪ふざけ曲(褒めてます)が大好きな、ちょっと頭のイカれた(かなり褒めてます)ハロヲタのことである。わかりやすく言えば、掟ポルシェさんの様な。(めちゃくちゃ褒めてます)

 

そんなヲタクの話はさておき、地団駄ダンスには、思惑のようなものが感じられる。これまでパフォーマンス、ビジュアル、楽曲、ほぼ全て正統派としてアイドルの道を順調に進み、武道館公演も成功したJuice=Juiceがいきなりこんな曲を出すというのは、制作側の意図というか、狙いというか、ライトな炎上商法の臭いを感じる。

制作者にクソ曲認定の評価をネットに書き込むように仕向けられて、その狙いにまんまと引っかかってしまうのは、いちハロヲタとしてというよりも、インターネットユーザーとしていかがなものか?と思ってしまう。

地団駄ダンスという曲は、ヲタクである以前に、ネットユーザーとして、受け取り手としての価値をユーザーに問うているのだ。地団駄ダンスのような超巨大な釣り針に引っかかっているのでは、昨今のフェイクニュース問題や、読み手の偏見を利用した、事実から一部だけを切り取った報道手法などに対応できるわけがない。

 

かといって、良曲認定もいかがなものなのだ。しかし、上記の通り、クソ曲認定をするとネットユーザーとしての価値の低さが露呈してしまうため、良曲と認定する他ない。その上、良曲認定してしまうことで、今後、地団駄ダンス路線の曲が続く可能性がある。困ったものだ。ここまで狙って地団駄ダンスをリリースしたとしたのならば、まことにアッパレである。

本当に困ったものだ。あぁ〜。どうすればいいんだ。

クソ曲と言っても、良曲と言ってもダメだ。それならば、沈黙を突き通すか?ハンター×ハンターのクラピカのように「答えは沈黙」と機転の効いた回答でも出すか?

 

・・

・・・

あぁ〜!もう!やだ!

 

地団駄 ダンス ダンス ジダダンス ダンス !

地団駄 ダンス ダンス ジダダンス ダンス !

 

こちらからは以上です。さようなら。

 

「モーニングみそ汁」の歌詞のことなんだけども。

不定期更新中。Wotaku Night Outです。

 

味噌で国内トップシェアを誇るマルコメモーニング娘。のコラボが始まりました。

 

www.marukome.co.jp

 

モーニング娘。結成20周年の節目に、誰も予想出来ない斜め上のコラボにGOサインを出したマルコメや関係各所に最大級の賛辞を送りたい気持ちでいっぱいです。ただのヲタクごときですが。

春頃に全国のコンビニで発売とのことで、発売したらとりあえず全種買って、具だけ取り出して混ぜ、「真のモーニングみそ汁」を作り現場レポをあげたいと思います。よろしくお願いします。

 

カプヲタの皆さまにおかれましては、きっと「まーどぅーみそ汁」とか「あゆみずきみそ汁」とか「ぽんぽんみそ汁」とか「しめり汁(小田+譜久村)」などを作成なさると思いますが、塩分の過剰摂取にはお気をつけ下さい。

ちなみに「しめり汁」はとうふ(譜久村)とわかめ(小田)のまさに絵に描いたような組み合わせのみそ汁です。名前に反してオーソドックスな感じがよりいっそうエロ.....これ以上はやめておきましょう。

「モーニングみそ汁」の歌詞のことなんだけども。

さて、表題の件について。モーニングみそ汁の発売にあたり、「モーニングコーヒー」の替え歌である「モーニングみそ汁」が発表になりました。13期はサシニングだったり、みそ汁だったり、スタートがすごいですね。5年後ぐらいにイジられるのではないでしょうか。

 

youtu.be

あらためて「モーニングコーヒー」の歌詞をみると、この曲における"モーニングコーヒー飲もうよ"というフレーズは、奥手な男性のプロポーズの言葉だとわかります。


ねぇ はずかしいわ (ドキドキ)

ねぇ うれしいのよ (してる)

あなたの言葉

"モーニングコーヒー飲もうよ 二人で"

 

(YES)門限どおりに

(YES)うちに送ってくれる

(YES)私より弱虫ね

 

(Stop)時間が来るまで

(Stop)ぐるぐると遠回り

(Stop)くちづけも出来ない人

 

叱られたって かまわない

あなたについてゆくと決めた

なのに 急じゃ (こわい)

 

あぁ 泣いてるのは (トキメキ)

そう うれしいから (なのね)

私の想い(I Love You I Love You Forever)

 

ねぇ 恥ずかしいわ (ドキドキ)

ねぇ うなずくわよ (してる)

あなたの言葉

"モーニングコーヒー飲もうよ 二人で"

www.utamap.com

 

普段は奥手な彼が彼なりに考えたであろう遠回しなプロポーズの言葉"モーニングコーヒー飲もうよ"にたいして、泣くほど喜んで頷いてます。

 

...本当はプロポーズというより、朝まで一緒にいようということなのですが、

私のような心の荒廃した人間が「男性がプロポーズではなく、ただ本当にモーニングコーヒーを飲みに誘った」と解釈すると、すごく重たい女性の様に感じることも出来ますね。泣くほどモーニングコーヒーが飲みたかったかのか...と、それとも泣くほどコーヒーが嫌いか...と。

 

それはさておき、発表された「モーニングみそ汁」は歌詞中の「モーニングコーヒー」を「モーニングみそ汁」に置き換えた替え歌です。

 

プロポーズの言葉として、

「モーニングみそ汁飲もうよ 二人で」とはいかがなものなのでしょうか...?

 

日本古来から伝わるプロポーズ「俺にみそ汁を作ってくれ」ならば、ある種定型文のようになっているので理解はできますが、「モーニングみそ汁飲もうよ 二人で」とはどうなのでしょうか。「ねぇ 恥ずかしいわ」と女性がドキドキするのも頷けます。

英語をまぜてくるので、ルー大柴のような人物が頭によぎりましたが、ルー大柴ならきっと「モーニングみそスープ トゥギャザーしようぜ!」と言うはずです。もうプロポーズではありません。悪ふざけです。

 

「モーニングみそ汁飲もうよ」ならばまだ冗談で済ませたものの、わざわざ「二人で」とつけて退路を断つ。その勇気だけは認めたいと思います。

....きっととても真面目な人なのでしょう。

門限を守ってちゃんと送り届けて、ギリギリの時間まで一緒にいて、キスもしないんですから。キスするタイミングばかり気にして彼女の心を全然見てない奴よりもずいぶん信頼できるし、年収も高そう。

 

でも、プロポーズで「モーニングみそ汁飲もうよ 二人で」は無いわ〜〜〜〜〜〜〜。

 

しかもそれでOKもらえてるのドン引きだわ。

 

二人に幸あれ。 

 

こちらからは以上です

演劇女子部『モード』の感想メモ【ネタバレのみ】

1960年代の終わり。
まだまだ女性の社会進出が難しい時代。
日本初の本格女性ファッション誌創刊に熱意を燃やす女編集者と、モデルとなった良家のお嬢様がいた。
アンジュルム主演でお送りする、自分らしく生きようと闘う女たちの物語。

 

さぁ始まりました。Wotaku Night Out.

今回はアンジュルム主演 演劇女子部『モード』の感想です。恐ろしいことにネタバレしかありません。ご容赦下さい。

【悲報】ワイハロヲタ、出演者全員とゼロズレ。

さて、MODEには当日券で入り、8列14番という神席を引き当ててしまいました。この席の位置を説明するための会場俯瞰図を作ったのでご覧ください。

f:id:helloneta:20161001221115p:plain

花道のセンターです。出演者全員とゼロズレかましました。

ファッションやモデルがメインのお話しですから、花道をランウェイにみたてて使っており、全メンバーが僕の方に向かってくるという形になってしまいました。

図内の通路A、通路Bからメンバーが登場する事もありあましたし、通路を良く使っていたので、劇中、あやちょとの距離が1m以内になる場面もありました。もちろん、その間は記憶が消し飛び、「あやちょと距離が1m以内だった」という事実だけが残りました。

さすがになんだか申し訳ない気分です。その分一生の思い出にして余生を生きていきたいと思います。

メンバーそれぞれ

  • 葛城弥生(あやちょ)
    女性の社会進出が難しい時代で、女性ファッション雑誌を創刊したいという夢を追う女性編集者の役。夢に向けて、副編集長などに黙って勝手にモデルオーディションを開催する。いつものあやちょをさらに武闘派にしたような役。あやちょがいつも言っている、「アイドルがフリフリの格好をしなきゃいけないのはおかしい!」という考え方がそのまま役になっているように感じた。

  • 細川美智子(かみこ)
    結婚を控えた良家のお嬢様役。ローマの休日を見た影響から、息苦しい生活から飛び出すために葛城が主催したオーディションに、家族や許嫁にモデルになることを隠しながら、妹の細川典子名義で参加する。この嘘から様々なトラブルが...(※オーディションの参加条件が16才以下だったため。美智子は18才という設定)
    ショートカットかみこの可愛さは異常。初舞台、初主演にもかかわらず、素人感のなさはさすがです。すごい。かみこのなんだか寂しさの混じった歌声はハマり役だった。モデルとしては身長が足りない、ということで1人だけヒールを履いて、あやちょと同じくらいの身長になっていた。

  • 山口桜(かななん)
    葛城弥生の友人で、フランス帰りのスタイリスト。オーディションの手伝い、スタイリング、モデルとしての指導などを担当。
    かななんの色気がとどまることを知らない。

  • 三田愛子(りなぷー)
    モデルオーディションに応募した1人。可愛い服がいっぱい着れるという理由でオーディションに参加。自分の事を可愛いと言いまくる。
    ユルさがいつものりなぷーだった。

  • りかこ
    モデルオーディションに応募した1人。モデルとしてのプライドが高く、超自信家。素人感が逆にウケた美智子に表紙を取られ、自信を失ってしまう。ドラゴンボールで言えば、ベジータポジション。
    現役モデルのランウェイが見られるお得感がすごい。最近、かみこにヤキモチをやいていたのはこの劇での役回りによるものだったのではないかと思う。

  • 岬かよ(かっさー)
    モデルオーディションに応募した1人。5人の弟を養っている。新聞配達などをやっていたが、お金のためにオーディションに参加。
    新人とは思えないし、12才とは思えない。最近の12才はどうなっているんだ。

  • 西園寺実(むろたん)
    細川美智子の許嫁。良家の出身で、モデルという仕事に対して否定的。人格者であり、最終的には美智子のモデル業を認める。

  • 奥山良子(あいあい)
    細川美智子の使用人。美智子の良き理解者であり、家族のような存在。
    最高のネタキャラ。劇中の笑いの大半はあいあいが絡んでいた。
  • 佐山孝太郎(タケちゃん)
    葛城の所属する出版社のカメラマン。

    葛城の企画がうまくいき、社内の男性から目の敵にされていく中、企画に関わっている唯一の男性として、もっといろんな葛藤が描かれていても良かったと思う。ここは得意の妄想で補うしかないなと思った。

全体を通しての感想

ストーリーは王道で、メンバー全員が目立てるような構成になっていた。全員ソロ曲もあった。が、その構成のために、キャラクターひとりひとりの背景・心情などの深さはあまり見られず...。というのは感じてしまった。中心をあやちょとかみこに置いておかなきゃ、尺が絶対足りない。

個人的にはタケちゃん演じる佐山が男として、女性を引き立てていく心情や周囲の目に対する感情とかはもっと見たかったなぁと思う。

とあることから、許嫁の西園寺と葛城たちが鉢合わせてしまい、美智子がモデルをやっている事をごまかす、というシーン(アンジャッシュの勘違いコント的な)のために、やたら伏線を張っていたのは力がやたら入っていて好きでした。

 

ネタバレだけ見ちゃおう〜!って方も、見ようか迷ってこの記事にたどり着いた方もぜひ見てもらいたい。純粋に笑えるから!

 

こちらからは以上です

ハロプ論。第23回〜カップリングは「ふわふわふー」!〜


ハロプ論。第23回


ハロプロ大好き若手芸人、さむらい侍北岡ゆうきとスコセッシ大嶽遥のゆるゆるハロプロトーク!
今回は℃-ute解散発表前日の収録ということで、まだ何も知らない2人の能天気トークにもご注目下さいませ!
北岡のハロコンレポ、アンジュルムイベントレポも!

Buono!フェスの感想を書いていたらほぼカンガルの感想になってしまったブログ。

ボノフェス見ました。ライブビューイングで。TOHOシネマ日本橋にて。

前日まで行けるかどうか怪しかったのですが、青空にド根性を見せつけて用事を済ませ、ギリギリ滑り込みで見れました。

久しぶりのアンジュルムのいないコンサートです。しかも、ぶっちゃけBuono!曲、代表曲しか知らない。予習もしてない。
Buono!休止後にハロヲタとなった身としては、いまや伝説となってしまったBuono!を見れるチャンスは中々ないですもの。それだけで行く理由は十分なのだ。

動画で見ていた、桃子がリーダーっぽくふるまいで、みやびちゃんはいつもどおりで、愛理は妹感をだしてアホ可愛いという、あの関係がライブで見れたのが何よりうれしかった。何歳になろうと、変わらない関係でいてほしいし、たぶん変わらない。

セトリで特に印象が強かったのは、ラストの「タビダチの唄」。ベリフェスで、みやびちゃんと桃子の2人を送り出すように愛理が歌っていたのは記憶に新しいけども、℃-uteの解散発表してから、どんな気持ちで歌ったのだろうか。

 

カントリーガールズは島村嬉唄の呪いを断ったのか?

カントリーを見たのはひなフェス以来でした。新曲の卓偉曲「どうだっていいの」を聞いて、率直に、うたちゃんの呪いが解けたと思いました。

 

うたちゃんがいなくなり、ふなっきとやなみん、2人の天才子役が加入、そして、持病によりまなかんが卒業。

 

カントリーガールズは、初お披露目時、「おぼこい」、「初々しい」、「(ある種の)素人感」のようなイメージがあって、これは全て、島村嬉唄の存在が全てだった気がします。

スキル至上主義のハロプロ、およびハロヲタたちを、セリフ一つで次々と陥落させ、「初々しい」というイメージを定着させていったうたちゃん。「スキルなんていらない。」「可愛いこそが正義なのである。」そんな、ハロプロという箱庭に現代アイドル的思想を持ち込んだうたちゃん。あぁ、うたちゃん。

今回のボノフェスでは、すっかりスキル至上主義のハロプロに戻り、バキバキに踊り、ゴリゴリに歌っているカンガルを見て、島村嬉唄の呪いは解けた、そんな風に思ってしまいました。

よくよく考えれば、カントリーガールズのお披露目を見たのもライブビューイングでした。2014年12月31日からよくここまで変化ができるものだ。。。

 

なんか小難しく書きましたけど、ハロプロってやっぱりいいねっていう話です。℃-uteは解散発表後、残りのグループとしての命を燃やしながらのパフォーマンスがなんとも魅力的でした。千聖が異常にカッコ良かった。

以上、雑文で、ごめんね?

 

余談:ひさしぶりのライブビューイング

ライブビューイングはカウコンで体験済だったのですが、今回は音声と映像の同期がうまくできていなかったのか音ズレが起こってたり、マイク音量のバランスがおかしかったりと。。。たとえ糞席であっても、やっぱり現場がナンバーワンってはっきりわかります。

カウコンの時に行った新宿バルト9では、前列は立見で、声を出すヲタも多かったのですが、日本橋はかなり静かでした。劇場ごとに客層が違うのかもしれません。今回、他の劇場はどうだったのでしょうね。

 

ハロヲタが作ったっぽいyoutube動画チャットサービスを見つけた。

みなさんこんばんは。超不定期更新のWotaku Night Outです。

わたくしごとながら、最近はプログラミングを勉強しております。なっきぃに「おかえり」と言ってもらえる装置を作って以降、なんだか面白い事たくさんできるな~と思いまして、ちまちま勉強しておるわけです。

ネットでプログラミング系のいろんな記事を見ながら勉強しているのですが、なんかハロヲタが作ったっぽいサービスを見つけたので今日はそちらを覚え書き兼、ご紹介いたします。

 

こちらです。

www.taustream.net

 

TauStream(たうストリーム)です。たうなの?もしかして、うたなの?

youtube動画にリアルタイムでチャットをしながら、みんなで一緒に見れるというサービスです。ニコ生っぽいものを想像すればだいたいあってます。

名前が「たうストリーム」ときっとUstreamをもじったネーミングなのでしょうが、わたしのハロヲタセンサーがバリ3でビンビンに反応しました。こんなにセンサーが反応しているのは町中で「ベーカリー工房」という名前のパン屋さんを見つけた時以来です。イカれたセンサーの話はどうでもいいですね。まぁ、別にハロヲタじゃなくてもこの名前をつける可能性はあります。まだシロです。

 

トップ画面はこんな感じ。

f:id:helloneta:20160803214418p:plain

完全にクロだわ。

更新された動画と最新コメントがあった動画がほぼハロプロでうめつくされています。知らないところでハロステ高速感想会が行われていました。あと、さゆのお誕生日会場にもなっている...。

 

Twitterで登録して使えるみたいですので、よろしければ。

短いですがこちらからは以上です

あと、「ベーカリー工房」なんてパン屋さんは存在しません。ハロヲタセンサーはありまぁす!

ハロプ論。第22回〜ひとくちメモならぬひとくちキモ〜


ハロプ論。第22回

ハロプロ大好き若手芸人さむらい侍北岡ゆうきとごまパレット大嶽遥がハロプロをまったり語る!
今回は初のこぶしファクトリーメインのトーク!こぶしファクトリーのリリイベに初めて行った大嶽だったが、その知識はボロボロで…
企画はメンバーしりとり!