読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wotaku Night Out.

たのしいヲタク会。

泡沫サタデーナイトが最高すぎて泣きまくってる。

ハロプロ

youtu.be

モーニング娘。'16新曲『泡沫サタデーナイト』が最高すぎる。ほんとうに毎日聞いていて飽きない。一回見ると少なくとも3回はループしている。3ループを超えると涙が出てくる。

 

 

ここ最近の娘。楽曲はどうも好きにはなれなかった。背伸びをしすぎている感じや、肩肘張っている感じがあって、気軽に聞けない曲ばかりという印象だった。

メンバーの平均年齢は下がっていく一方で、楽曲の精神年齢的なものは上がっている。

そんなミスマッチが、面白みの感じることのできない単なる違和感になっていたのだ。この表現が正しいのかどうかは分からないが、3人ぐらい共感してくれる人がいればいいなぁと思う。

つんく♂さんが、現状、飛び抜けて明るい曲が作れるような状態ではない、というのはわかってはいるものの、ハローにハマったきっかけが赤羽橋ファンクだったがゆえ、明るい曲を出してくれるグループに流れていってしまっていた。

 

そんな時に、この『泡沫サタデーナイト』が公開になった。つんく♂さん本人以外でここまでレベルの高い「赤羽橋ファンク」を作ってくれるクリエイターがいることに泣ける。ほぼ完コピだと思う。

「ファンキーなんだけども、歌詞はちょっと寂しい。歌っている彼女たちは幸せそうで、生命力にあふれている。ヲタクは多幸感に包まれ、一生ハロプロから離れなれなくなる呪いがかかる。」

これこそがハロプロ楽曲の真髄であり、個人的な赤羽橋ファンクの定義なのだが、そのポイントを曲、詞ともに『泡沫サタデーナイト』は完璧に抑えてきたと思う。

振付もポイントポイントで覚えやすく真似しやすい。

巷では、第2のLOVEマシーンなんて呼ばれているようだが、まさにその通りだ。

 

今さら言ったって、後出しジャンケンにしかならないのだけれども、ハロプロ激動の2015年は次の2016年に向けた下地づくりをする時期だと思っていた。

つんく♂さんが正式にハローのプロデューサーを降りたことを発表して、新しい楽曲提供者を探さなきゃならないといった時に、本当にハロプロつんく♂楽曲が好きで、リスペクトを持って仕事をしてくれる業界人がいっぱいいるということはヲタクとして誇りに思っていいんじゃないかなと勝手に思っている。

 

ただひとつ文句があるとすれば、鞘師がいる時にやれよという事。マジで。

幻聴で鞘師の声が聞こえてくる。しかし、おそらくそれはまーちゃんの声であり、鞘師の声ではないのだ。まーちゃん自身もちょっと意識しているのではないだろうか?わかんないけども。あぁ、今、鞘師は何をやっているのだろう。

 

これは楽曲大賞とってしまうなぁ。『次々続々』を聞いた時には、今年もアンジュルムかなぁと思っていたけども、やっぱり我が軍の本隊はすごい。

泡沫新規とかいっぱい増えるといいなぁ...。

 

以上、チラ裏。